充填機のメーカーならお任せください。

充填機のメーカー

充填機のことなら、機械設備のエンジニアリングメーカーである横浜機器販売株式会社にお任せください。企画から設計、制作、設置までトータルでフルサポートいたします。
当社では、機械設備の設計・製作、生産ラインの構築、生産設備のコーディネート、保守・メンテナンス、設備の安全対策、中古機械の販売の6つの事業を展開しています。主に、飲料業界と食品業界向けの機械設備を得意としています。
充填機においては数多くの取り扱い実績があり、生産能力に応じて複数の自社製品もラインナップ。クライアントのニーズに合わせた特殊装置などを一から製造することも可能です。

充填機のメーカー

既存の機械に手を加えて、効率アップを実現させることもできます。柔軟な発想と確かな設計による対応力に自信を持ち、ユーザーの現場に応じた省人化装置の導入を実現します。
クライアントの期待を超える機械設備を提案。既存設備の部品制作やメンテナンスなども行っています。
お客様からの安心と信頼のためにISO9001認証を取得し、品質管理にも努めています。会社は神奈川県横浜市にありますが、全国規模で事業を行っています。
ご相談やお見積りには無料で対応しているので、まずはお気軽にお問合せください。

01充填機とは

充填機とは、瓶や袋、カップ、スパウトパウチなどのさまざまな容器に充填物を詰める機械のことです。
日常生活の中で毎日のように使用している日用品や食品のほとんどは、外装となる容器の中に入れられ販売されています。
充填機で充填される内容物には、流動性の高い液体以外にも、ワックスや歯磨き粉のような半固体の粘液や、薬などの粉末状やカプセル状のものなど多岐にわたります。そのため、充填の仕方も内容物の形態や容器の種類によって変えなくてはいけません。
飲み物などの液体が内容物であれば比較的容易に充填できますが、粘度のある内容物を充填する際には、充填前に加熱が必要になったり、ピストンなどで吸引したりして充填しなければいけないようなケースも多く、液体に比べて手間がかかり、充填機の構造も複雑になりがちです。

comingsoon

日用品や食品の充填は手作業でも行われていますが、最近では人手不足の影響で充填機を使用したい、異物混入などを防ぐために人力ではなく充填作業工程を機械化したいという企業や個人経営者も増えています。
充填機を用いれば人員を減らすことができ、作業時間も短縮できることから、充填機は働き改革のツールにもなってきています。

02初めて製造を依頼するときの注意点

comingsoon

充填機を導入するために製造をメーカーに依頼する際には、最初にその目的を明確にすることが大事になります。
特に大型の充填機となると、数百万円や数千万円という価格になるのが当たり前であるため、導入したい理由を整理することが大事になります。
売上個数が増えて手作業では対応できない状態になっていて、機械化してもしっかりと利益を出せることや、導入後にかかる電気代やメンテナンス費用などのランニングコストについてもよく考えて判断しましょう。
そのうえで本当に導入が必要であるなら、充填機に求めるものを明確にしましょう。
価格が最も重要なポイントですが、その他にも充填スピード、機械の精度、メンテナンスや点検のしやすさ、機械を置くためのスペース、操作性なども確認する必要があります。
製造してもらうメーカーによっても得意分野とそうでないものがあるので、その点も依頼する前に確認しておきましょう。
機械物であることから、故障して生産ラインを止めなければいけなくなるようなケースも考えられます。その場合の対応の仕方も事前に確認しておかなくてはいけません。保証やアフターサポート体制についても依頼先を決める重要なポイントです。

03使用するうえでの3つの疑問

1.人員不足を解消できる?
日本では人手不足が問題となっていて、円安の影響もあり海外からの人員を獲得することも難しくなっています。
充填作業をすすんでやりたいという若者も減っていて、充填機はさまざまな業界の人員不足を解消する重要なツールとなっています。人手不足の解消以外にも、人件費の削減や生産性向上も望めます。

2.異物混入を防げる?
製品を容器に充填する際には、異物混入を回避しなくてはいけません。
近年でも髪の毛や糸や針など、充填作業も含む生産工程時に異物が混入する事件が相次いで起きています。
充填機を導入することにより、異物混入を完全にシャットアウトすることも可能で、人力での作業ではできない故意による異物混入も防ぐことができます。

3.品質を維持できる?
液体を充填する際には、容器をきちんと選択することで充填物本来の品質を維持することは難しくないですが、個体などを充填する場合は品質を維持できるの?という疑問を持つ方も少なくないと思います。他にも、充填物の形状を崩したくないという方も大勢います。
充填機を製造してもらうメーカーによっても異なりますが、現在では品質や形状を維持できる高度な技術を持つ依頼先が増えています。

04充填機の種類

充填機は、容器に充填する内容物の形状によって、「液体充填機」「粘体充填機」「固体充填機」に大別できます。
充填機の中でも最もポピュラーなのが液体充填機です。飲み物や化粧水、シャンプー、洗剤、塗料など、多岐にわたる製品を充填します。
液体用の充填機には、主にチューブから対象物を吸い上げてポンプで移送・計量器で量るチューブポンプ式充填機と、注射器と同じ原理で給液するタイプのシリンジピストン式充填機があります。
ジャムやカスタードクリーム、ワックス、ジェル、マヨネーズ、歯磨き粉などの粘性のある製品を充填するのが粘体充填機です。
粘性が低いものだと注入口付近で液体が飛散しやすくなります。そのため、粘体充填機には内容量がきちんと守られるように過不足検知機能などの付帯機能が必要になることが多いのが特徴です。
粘性が強い場合は、一時的に加熱を必要としたり吸引して充填したりする必要があるため、内容物の性質にマッチした充填機を選ばなくてはいけなく、オーダーメイドを強いられることも多いです。
個体の他にも、粉末や顆粒などの製品を充填するのに用いられるのが個体充填機です。対象になるのは、小麦粉や香辛料などの食品、ファンデーションやチークなどの化粧品、バリウムや漢方薬などの医薬品などさまざまな種類があります。

05神奈川県横浜市中区に本社を構え全国規模で事業を展開しています

2012年に神奈川県横浜市港南区で会社を設立し、2014年には中区に本社を移転して全国規模で事業を展開しています。
横浜市中区は、横浜18区の中の一つで、神奈川県庁と横浜市役所がある行政の中心的なエリアです。
日本最大の中華街「横浜中華街」や横浜赤レンガ倉庫、山下公園、横浜みなとみらいなどといった人気の観光地が点在していて、1年中多くの観光客で賑わっています。
区内では、関内エリアを中心としてJR根岸線、横浜市営地下鉄、みなとみらい線、京急線が通っていて、交通アクセスはとても良いと言えます。
商業施設も充実しており買い物にも便利で、飲食店もたくさんあって横浜市内の中でもとても人気の高いエリアとなっています。
横浜市の中でも外国人の人口が多く、いろいろな国の食材を扱う専門店や飲食店も数多く営業しています、区役所の別館にある「なか国際交流ラウンジ」では、日常生活に関することなどさまざまな情報を多言語で提供していることから、外国人も暮らしやすくなっています。
行政機関が密集していることから治安も良く、子育てがしやすい環境も整っていることから、子育て世代にも人気があります。

06充填機の費用相場とは

充填機には大小さまざま商品があり、液体や固体など充填するものの形状や種類によっても造りがまったく異なり、一般的に使用されているものではないため、導入を考えるときにはどの程度の費用がかかるか想像もできないという方が多いと思います。
インターネットで既製品を検索しても、数万円から数十万円と値段にかなりの幅があります。工場などで大量の製品を充填する場合は、オーダーメイドで製造してもらわなくてはいけないことも多いです。
既製品で対応できて本体を選択しても、希望を叶えるためにはオプションの部品やカスタマイズが必要になることも多く、結局本体価格よりもオプションの値段の方が高くなるということもよくあります。

comingsoon

大型の充填機となると数百万円、数千万円、数億円の機械まであり、業務用として利用する場合は費用相場を把握することが難しいというのが現実です。
業務用の充填機を導入する際には、その価格と生産効率アップにより見込める利益をよく考える必要があります。特にオーダーメイドする際には、製造元のメーカーともよく相談することが大事になります。

07不具合が起きたときの3つのチェックポイント

作動しない01


充填機が作動しない場合に最初にチェックすべき点は、コンセントが抜けていないかどうかです。コンセントがささっていても、通電していないことも考えられるので、その場合はブレーカーを確認しましょう。
電気が流れているのに機械が作動しない場合は、無理に動かそうとしないで、コンセントを抜いてからメーカーに連絡してください。無理をすると保証が効かなくなる場合もあります。

動き方がいつもと違う02

動き方がいつもと違う場合は、最初に設定が変更されていないか確認しましょう。清掃やメンテナンスをした後には設定が変わっていることがよくあります。
部品が動いたりして正常に作動しなくなっている可能性もあるので、細かい部分までチェックして、原因が分からないときには無理に機械を分解するなどしないでメーカーに連絡して診てもらいましょう。

異物が混入している場合02

充填した容器などに浮遊物などの異物を発見した場合は、直ちに機械をストップさせて異物混入が起きた原因を検証しましょう。原因が分からないときにはメーカーへ連絡して対処法を確認してください。
混入した異物は原因解明の大事なヒントになるため、捨てないで問題が解決するまで保管しておきましょう。

08製造元による違いとは

充填機を活用している業界は多岐にわたり、食品から日用品、薬品、化学品など様々なものを充填できます。
飲料などの流動性の高い液体は簡単に充填できますが、ある程度粘度のある内容物を充填する場合は、一度製品を加熱するなどの手間が加わり、充填方法にも半自動から完全自動までの複数の種類があります。
製造元によっては、一定の業界の充填機しか取り扱いしていないこともあり、オーダーメイドで対応できるとしても、畑違いの製品をつくる場合は普段から特定の業界で使用する充填機を製造しているメーカーよりも品質などいろいろな面で劣ることが考えられます。そのため、依頼先は慎重に選ばなくてはいけません。
例えば、化学・医薬業界であれば、製品の化学反応が起きないように特殊な機能を備える必要がありますが、専門的な知識がない製造元に依頼した場合は、機械を製造した後に不具合が起きる可能性が高くなります。
充填機に必要な性能には、スピード以外にも精確性、操作性、メンテナンス性などがあります。特に精確に容器に詰めることができなければ消費者からのクレームにもつながりかねません。
加えて、業務用で使用する高額な充填機には、長期間使用できる耐久性も求められ、その点においても製造元によっても違いがあります。

09導入するときによくある相談とは

  • comingsoon

    充填機を購入するときには、導入するメリットやデメリットにはどのようなことがあるの?ということや、本当に生産性をアップさせることができるの?という相談を受けることがあります。
    工場などで毎日数千、数万の商品を容器に充填しなければいけない場合においては、充填機は必要不可欠な機械となっています。
    充填作業を自動化することにより、人件費の削減にもつながり、生産性を向上させることも可能にします。
    人力で充填する場合は、品質にばらつきが出やすくなりますが、自動化することで安定して製品を消費者に供給できることも大きなメリットです。
    手作業によって起こりやすくなる、異物混入などの衛生面でのリスクに対する対策もとりやすくなります。
    充填工程を可視化できるようになるため、在庫や品質管理もしやすくなり、自動生産にすることで生産ラインの調整が自由になる点もメリットです。
    一方で、必要以上の生産能力のある機械を導入してしまうと、導入コストが負担となり、生産性は向上できても意味のないものになってしまうこともあるので、その点はデメリットとして挙げられます。
    機械化することにより、トラブルが起きると生産をストップしなくてはいけなくなる点もデメリットと言えます。

10充填機に関することでよくある3つの質問

質問
耐用年数はどのくらい?
回答
充填機の耐用年数に関する質問は多く寄せられますが、種類によっても寿命は異なります。
機械類であることから永遠に使用できるわけではないですが、オーダーメイド品などの業務用の充填機なら、きちんとメンテナンスして消耗品を適度なタイミングで交換していればいつまでも使いづけることが可能です。
既製品の耐用年数の目安は7年とされていて、その理由は部品の在庫がなくなるからです。
質問
充填機を選ぶコツとは
回答
充填機には多くの種類があるため、選び方が分からないという方も大勢おられるようです。どの商品を選択するかのポイントは、充填物とその目的です。
どんな充填物をどの容器に、どのくらいの容量を充填して、1日に何個生産するなどを総合的に考慮すれば、必然的に導入すべき充填機が決まってきます。
目的に合ったものがない場合は、オーダーメイドする必要があります。
質問
自社で充填するには資格が必要?
回答
充填機を用いて自社で充填する場合は、扱う製品によって資格が必要になる場合もあります。
例えば、化粧品を充填する際には「化粧品製造販売業許可」が必要です。充填物の内容によっては「危険物取扱者」や「医薬品販売業」などの資格がなければいけません。

11製造を依頼する業者選びの注意点とは

POINT 充填機を製造している会社は全国に複数存在しており、依頼先によって価格も取り扱いしている商品も異なります。使用する目的もそれぞれ異なり、どこに製造を依頼するかによって生産能力も変わってきます。
そのため、充填機の製造はどこに依頼しても同じだと考えないで、複数の会社に問い合わせて、製品の能力や対応の仕方なども比較したうえで、自分たちにとって最適な充填機を導入しましょう。
見積りをしてもらう際には、自分たちがどのようなスペックを求めているかをきちんと整理し、それを担当者に伝えましょう。疑問点や不安なことがある場合は、納得いくまで確認して、明確な回答をしてくれる会社と取引してください。
機械を購入する前には、現物を見せてもらえるかどうかも大事なポイントです。現物を目の前で作動させて、実際に充填したりテストしたりするなどのデモンストレーションをしてもらえれば安心です。
購入する前には、購入後のアフターサポートや保証面についても確認することが大事です。トラブルが起きたときの対処法も確認して、メンテナンスをどのくらいの頻度で行うかもチェックしておきましょう。
故障した際には、代替機を用意してくれるかどうかも重要なポイントです。

12充填の方法について

充填の方法には「自動充填」「定量充填」「フィルム充填」「真空充填」などがあります。
自動充填とは、特定の機械を使用してあらかじめ決められた容器に液体を充填していく方法です。人力ではなく自動で充填できるので、数が多い場合や納期が限られている場合に利用されます。
定量充填というのは、機械ではなく手作業で行われる充填方法です。特注など規格品でない容器にはこの方法で対処する必要があります。小ロットへの対応に用いられることが多く、充填する量なども含めて柔軟な対応が可能です。
フィルム充填とは、その名の通りに固形容器ではないフィルムへの充填をする場合に用いられる方法です。容器よりは低コストで、短期間で充填機を製造してもらえる点はメリットですが、液漏れが起こりやすいなどのデメリットがあります。
真空充填とは、容器の中の空気を排出して真空となった容器の内に液体などを充填する方法です。注入ムラや気泡の発生を抑えるシステムで、主に口が狭い容器に液体を充填したい場合に用いられています。
圧力差を利用して容器内に液体を充填する仕組みとなっていて、配管から容器へと液体が引き込まれるようになっています。

お役立ち情報

特殊ノズルを設置して頂いたことによりトラブルがなくなりました。
展開
既存の充填機で起きていた問題を、ノズルの変更で解決した事例について紹介した内容となっています。
新しい機械に取り替えなくても、少額でトラブルを解決できることが分かるので、参考になると思います。
詳細情報
大型充填機の導入でラインを1人で管理できるようになりました!
展開
複数の充填機を使用していた方より、大型の充填機をオーダーメイドで製造して人員を減らしたいという要望に応えた事例について紹介した内容となっています。
オーダーメイドの充填機で実現できることがいろいろ書かれています。
詳細情報
新しい充填機により課題が改善され品質の向上も期待できます
展開
工場の人手不足や効率化にお悩みの経営者様、省力化・省人化を図りませんか?横浜の機械設備メーカーでは、現場に応じた省力化機械の製作から保守・メンテナンスまでトータルでサポートしています。
詳細情報
横浜の機器メーカーに化粧品用の充填機を改良頂きました
展開
飲料や食品業界の工場様で充填機や昇降装置、振分装置や搬送装置などの新規導入や改良を検討されている方は横浜の機器設備会社へ。企画から製造、設置までを行う技術力の高いメーカーがお客様の課題を解決してくれます。
詳細情報
セル式重填機の導入で作業の安全対策と精度が向上
展開
飲料・食品・化学業界の工場で機械設備にお悩みの事業主様はこちらのメーカーへ。省人化や省力化に最適な機械の導入や既存機械の改良、生産ラインの構造改善などのスペシャリストが課題の解決をサポートしてくれます。
詳細情報
充填機の新規導入で生産能力がアップし大変満足しています
展開
工場の生産能力アップ、安全性の向上や省力化に有効な機械設備の導入を検討されている経営者様にお勧めなのが横浜の機器販売メーカー。確かな技術と柔軟な対応能力でお客様のニーズを叶えます。
詳細情報
機械設備の専門メーカーに尽力頂きライン効率化・省人化が実現
展開
ボトリング・飲料業界の工場様でラインの効率化や省人化を検討されている方は横浜の機械設備メーカーへ。企画・設計・製造・設置まで自社で行う技術力の高い会社です。
詳細情報
機械設備メーカーの提案力のおかげで工場の課題が改善しました
展開
充填機・セル式充填、キャッパー・ロボットシステム、洗浄機械、ケーシングシステムやパストライザー、搬送システムなどの工場設備のご相談は横浜のメーカーへ。機械設備のプロがお客様のニーズに合わせた設備を提案してくれます。
詳細情報
セル式キャッパー充填機の導入で効率アップが可能に
展開
化粧品や飲料、洗剤などの液体の充填機やキャッパー機などの導入を検討されてる方は横浜の機械設備メーカーへ。工場の省力化・省人化を図る設備機器の提案で課題の解決が望めるでしょう。
詳細情報
工場のロボットシステム化に欠かせない横浜の機械設備メーカー
展開
工場の機械設備やロボットシステム、搬送システムの改善・改良を検討されている方はこちらのメーカーへ。設備機器のプロがお客様のニーズにお応えし問題解決に取り組んでくれます。
詳細情報

PageTop