生産設備のコンサルティング業務|ボトリング製造設備のエンジニアリングメーカーです。企画・検討・設計・製造、設置まで全てご提案致します。

横浜機器販売株式会社
お問合せはこちら

生産効率の見直し

1.量的な拡大を図る方法

設備の効率を高める

人の効率を高める

管理効率を高める

※設備の不稼働時間をいかに減少させるか、時間当たりの出来高、さらに工数面の改善を図る事です。

量的な拡大を図る方法

2.質的な拡大を図る方法

品質の向上を高める

無人化を推進する

※不良率の減少と品質のレベルアップを図るものであり、無人化の為の必要条件を検討する事です。

質的な拡大を図る方法

3.高率化を阻害するロスも具体的に調査してご提案致します。

_
設備の効率を高める方法
設備の効率をいかに高めるか、また、時間当たりの出来高をいかに高めるか。
__
人の効率を高める方法
作業改善、自動化の推進により省人化をいかに高めるか。
___
管理効率を高める方法
生産が円滑に出来るための計画の立て方、消耗部分の欠品を発生させない為の管理をどうするか、
物流ロスをいかに最小にするか。
____
品質の向上を高める方法
不良、手直しをいかに減少させるか、品質のバラツキを少なくする(良品率の向上)
品質のレベルをいかに上げるかの活動を通じで出来高増と品質のレベルアップを図る
_____
無人化を推進する方法
無人化運転をする為の条件を追及しそれを具現化して出来高増を図る。
※生産効率化の最終的な狙いは、設備の固有能力を十分に発揮、維持しているかどうか、そのために人の能力を最高に発揮、維持することが必要でありマンーマシーン・システムの最高状態、極限状態を維持することです。

PageTop

横浜機器販売株式会社